<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-52W6C6" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

エルドラド カジノ

株式会社ドトールコーヒー

Enjoy the taste of Doutor anytime, anywhere.For a relaxing, refreshing time, just like at a café.

これからの時代の新しいラテ 植物性ミルクへの挑戦

アーモンドミルク・オーツミルク・ライスミルクなど、
植物由来のミルクをスーパーや
コーヒーショップで見かける機会が増えてきました。
牛乳の代替として注目されている植物性ミルク、
その人気の秘密は一体何なのでしょうか?

植物性ミルクって
なに?

植物性ミルクとは、豆やナッツなどの植物性の
食材から作られたミルクのことです。
生産時に環境にかける負荷が少ないと
言われていることや、
牛乳とは違った栄養成分を摂取できることが
人気の理由のひとつ。
サステナブルな暮らしを意識する
ライフスタイルの広がりや、
健康志向の高まりを背景に、
植物性ミルクの消費量が増加しています。

オーツミルクに
熱視線!!

そんな中でもここ数年の伸びが大きいのが、
オーツミルクです。
植物性ミルクの中でも牛乳に近い味で、
クセが少なく、
コーヒーと合わせてオーツミルクラテにしたり、
お料理やスイーツ作りに用いるのにも適しています。
また、食物繊維が含まれていることも
人気の理由です。

おいしくて、
からだにも環境にも
ちょっとうれしい

「ドトール おいしいオーツラテ」は、
乳製品を一切使用せず、オーツミルク※で
仕上げました。
食物繊維入りでからだにもちょっとうれしい。
もちろん、おいしさにもこだわって、
コーヒー本来の味わいを引き出す
直火焙煎のコーヒー豆を使用しています。 まさに「おいしくて、からだにも環境にもちょっとうれしい」、
これからの時代の新しい植物性ミルクのラテです。

※マルサンアイの「穀物さらさら製法」のオーツミルクを使用しています。

原料はオーツ麦

原料はオーツ麦

オーツミルクとは、オーツ麦からできた植物性ミルクです。
オーツ麦はオートミールやグラノーラなどとして食べられているので、身近に感じる方もいるかもしれません。
乳製品ではないため、コレステロールはゼロ。食生活に気を遣う方にも飲んでいただけます。

穀物さらさら製法

穀物さらさら製法

穀物さらさら製法(特許 第5074238号)とは、オーツ麦が製造過程で強い粘性を出すのを抑えて、さらさらの状態のオーツミルクに加工するマルサンアイの特許技術のことです。

直火焙煎コーヒー

直火焙煎コーヒー

コーヒー本来の味わいを引き出す秘訣は、焙煎師による直火焙煎です。他の方式と違い、一度に仕上げられる量は多くありません。それでもドトールコーヒーは、おいしさにこだわり、手間をかけた焙煎を続けています。
オーツミルクとの相性を考えた焙煎度合いで焼き上げています。

チルドカップの開発ウラ話
「初めてのチャレンジ!」オーツミルクとコーヒーのバランス。

"乳製品を使わず、オーツミルクのラテを作る"という今回の製品は、今までにない初めてのチャレンジでした。カフェのオーツミルクラテからスーパーで売っているオーツミルクまで、いろんなオーツミルクを試飲してその味わいを研究しました。
オーツミルクの味に合わせて、豆の焙煎度合いを変えて何度も試作した結果、中煎りのモカをメインに使用したブレンドにすることで、オーツミルクとコーヒーの香りが両方とも引き立つことを発見し、バランスがよい仕上がりになったと思います。 おいしさを求めて飲みやすい甘さを追加しているので、オーツラテをまだ飲んだことがない人にも飲んでみていただけたら嬉しいです。

「優しさも、おいしさも」イメージが伝わるパッケージに。

はじめて試作品を飲んだとき、麦由来の甘みがとてもやさしくまろやかで、こんなに飲みやすくておいしい植物性ミルクラテができるのか、と驚きました。
私自身が、元々は植物性ミルクに「健康」と「おいしい」が両立するイメージを持っていなかったのですが、「どちらかを諦めなくていい、健康もおいしさも求めていい」ことに改めて気付かされた製品です。
お客様にも、健康とおいしさのどちらも兼ね備えた製品であると思ってもらえるよう、パッケージにもこのやさしい味わいとおいしさを表現するべく、素朴でやさしいイメージとおいしそうな写真のバランスにこだわりました。ひとくち飲んだときに「イメージ通りの味だ!」と思ってもらえたら幸いです。

この記事をシェアする